ストレージをWindows、Macで使えるフォーマットにする

PC関連

外付けのストレージには
USB、HDD、SSDなど
さまざまあります

それぞれが
Windowsに対応しているのか
Macに対応しているのか
どちらもに対応しているのか
理解しておくことは重要ですよね

これはストレージのフォーマットによるのですが
購入した後でこのフォーマットは変更が可能です

ただし、
フォーマットを変更する際には
保存しているデータが全て消去されるため
購入後にすぐ変更するか
データのバックアップを取ってから
変更する必要があります

今回はフォーマットに関する簡単な情報と
Macでのフォーマットの変更のやり方について解説します

スポンサーリンク

フォーマットについて

よく使用するフォーマットは
大きく分けて3つあります

・NTFS : Windowsのみ使用可能
・APFS : Macのみ使用可能
・exFAT : WindowsとMacのどちらでも使用可能

個人として使用する場合でも
例えば学会や勉強会で
会場のPCにデータを移す際に
相手側のPCに対応できるようにするためには
exFATにしておくことをお勧めします

フォーマットの変更方法

Macでの操作になります
デフォルトで入っているアプリで
“ディスクユーティリティ”
を開きます

外付けストレージを選択し
“パーティションを作成”からフォーマットを選択します

この“パーティションを作成”が選択できない場合は
以下の記事を参考にしてください

→ストレージのパーティションを変更する

Macでのみ使用する場合はAPFS
WindowsとMacで使用する場合はexFATを選択します

最後に“消去”を選択してフォーマットを完了します

暗号化する

Macでの操作では
APFSでのフォーマットで
暗号化することができます

要するに
ストレージを差し込んでから
読み込む際に
パスワードを要求するように
設定することができます

先程のフォーマットの画面で
APFS(暗号化)を選択するだけで完了です

デメリットとしては
exFATで暗号化はできないことです

まとめ

ストレージのフォーマットを
理解、設定すれば
WindowsMac間での
データ共有のトラブルを減らせます

また、
暗号化を設定すれば
セキュリティ面も向上させることができます

フォーマットの変更のときには
データが全て消えてしまうことに注意して
ぜひ実践してみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました